毘沙門天

毘沙門天は「常に如来の道場を護りて、法を聞く」ということから多聞天ともいい、施福の大神であることから金毘羅ともいう。須弥山の北、水精宮に鎮座し八方天や四天王の中に入り、夜叉羅刹を眷族とし仏国土、有情界を守護する。手に持った宝塔より、無量の珍宝を出し、衆生に与える神として崇拝される。吉祥天と夫婦と説かれ、大黒天を加えて三面大黒天ともする。