一百八臂金剛蔵王菩薩

金剛界曼荼羅では賢劫十六尊の一として普賢菩薩の後に住し金剛蔵菩薩と称し、
胎蔵界曼荼羅では虚空蔵院の右端に位し、金剛蔵王菩薩と称す。

金剛サッタの変化身として広大無辺なる金剛サッタの功徳を表示する菩薩。