深沙大将

玄奘三蔵と伴に並ぶ護法身。この神は、もともと蒙古の神で、玄奘三蔵が感得したと伝えられる。常暁阿闍梨請来目録では北方多聞天の化身で、災いを救い、益をなすといわれ、寺院裏、人家に祀られ、霊験をあらわすと説かれる。また、不空三蔵譯深沙大将では観世音菩薩の化身で法華行者に仕える広野神と説く。