神皇産霊尊

「かみむすび」は古事記では神産巣日神、日本書紀では神皇産霊尊、出雲国風土記では神魂命と書かれる。天地開闢のとき三番目に高天原に現れた単独神で「造化の三神」といわれる。大己貴命が兄神によって殺されたとき、母が神産巣日神に願い出て、神産巣日神 に使わされた2人の姫によって大己貴命は蘇生した。また、少彦名命は神産巣日神の子といわれる。産霊は生産。生成の意味で創造の神であり、男女の縁結びの神ともされる。