金毘羅大権現

金毘羅大権現は薬師十二神将の宮毘羅大将、または般若十六善神の禁毘羅?大将と同体。もともと金毘羅とは鰐の一種で夜叉神王の上首となり、王舎城の守護神であった。讃岐の松尾寺に勧請され、渡海者の守護神となったのは有名である。