高野・丹生明神

丹生明神は天照大神の妹にして、稚日女命(わかひるめのみこと)と称す。高野山の東丹生川の源、菅川藤代峯に降臨し、天下万物の母として生長養育の神として祀られる。高野明神は丹生明神の子で、空海が高野山を開いた時、猟師に姿を変え2匹の犬を従え案内したことから、狩場明神とか犬飼明神とも称す。弘仁10年5月より高野・丹生明神は高野山守護神となる