三宝尊像

正式には「一塔両尊」と呼ばれる日蓮宗の本尊形式である大曼荼羅の中心部分を具象化したもの。中央に宝塔、左側に釈迦如来座像、右側に多宝如来座像を配置している。宝塔は「法華経見宝塔品」によるもので、宝塔が地より湧出して虚空にかかると、そのうちより多宝如来は「法華教」が真実であることを証明する。