双頭白蛇(巳神)

宇賀神王陀羅尼経などの説から、蛇を宇賀神とし、財宝の神とした。蛇を神の使いとし、蛇頭人身の 像となり、弁財天と混合されて祀られることが多い。