天神(菅原道真)

845年8月1日~903年3月26日、平安時代の学者、漢詩人、政治家で宇多天皇に重用され醍醐天皇の時代に右大臣まで昇ったが、左大臣藤原時平の讒訴により九州大宰府に左遷され、そこで没した。死後、天変地異が多発したことから、祟りとされ、このために天満天神として祀られ、信仰の対象となる。現在は学問の神様として親しまれている。