釈迦が出家のため王宮を去るとき白馬に跨って出て行きます。人々にとって、昔は農耕や交通で重要な役割を果たしていたため、寺社への奉納は馬で行われていました。