夜叉面

もともとインドの善神(豊穣をもたらす女神)であったが、異民族の信仰と共に魔神と扱われる。その後、仏教に摂受され天界八部衆などの善神となる。

薬師三尊

薬師三尊は薬師如来を中心に両脇に日光菩薩、月光菩薩を脇侍とする。

葉衣観音(被葉衣観音)

葉が茂って、衆生の災いから覆い守る観音。この咒を「一遍誦すれば自身を守り、二遍誦すれば伴侶を守り、三遍誦すれば一家を守り、 四編誦すれば集落を守り、五編誦すれば国を守る」といわれる。形は2種有り、 一. 二臂で左手に索、 […]

薬師如来

薬師瑠璃光如来ともいい、東方浄瑠璃世界の教主。薬師本願功徳経では、東方世界において、菩薩の道を行し、十二大願を発し、成就したとある。一切衆生を無明の病疾より救い出して、利楽せしめ、諸根を具足させ、解脱へ導くため古くから信 […]