魚藍観音

三十三体観音の一つ。中国起源の観音で、魚の中の王とされる大きな鯛の上にのる姿、または1面2臂で手に魚藍(魚籠)持つ姿で表される。 羅刹、毒龍、悪鬼の害を除くとされ、日本では中世以降に厚く信仰された。

一百八臂金剛蔵王菩薩

金剛界曼荼羅では賢劫十六尊の一として普賢菩薩の後に住し金剛蔵菩薩と称し、 胎蔵界曼荼羅では虚空蔵院の右端に位し、金剛蔵王菩薩と称す。 金剛サッタの変化身として広大無辺なる金剛サッタの功徳を表示する菩薩。

長寿仏

阿弥陀如来の語源として、アミターパ(無量寿如来)、アミターユス(無量光如来)があり、さらに、不死をもたらす甘露という意味から甘露王如来や長寿仏ともいわれる。  西方浄土の教主にして広く信仰を集め、浄土教の成立をもたらす。 …

六字観音

観世音菩薩の真言を梵字で表わすと六文字になることから六字観音(シャッドアクシャリー観音)と呼ばれる。チベットでは六道輪廻の衆生を救済することから、この菩薩は、六字観音の真言(オーム・マニパドメ・フーム)と共にたいへん信仰 …

宝蔵神

宝蔵神(ジャンバラ)は蓮花神とも呼ばれる。後期密教成立の遅い時期にこの財宝尊は作られ、形が似ていることから中国で布袋と混同される。 右手にレモンを持ち、左手にマングースをつかみ、その口から財宝を吐き出させている。マングー …

蓮如上人

名を兼寿(幼名は布袋麿)、号を蓮如または信証院と称し、応永22年京都東山大谷に生まれる。父は本願寺第7代目円兼上人。長禄元年、本願寺第8代となり、各地を行化して周り一宗の復興を図った中興の祖。明治天皇より慧灯大師の諡号を …

聖徳太子

聖徳太子は約1400年前,用明天皇の第一皇子として誕生。厩戸の皇子と称される。2歳の2月15日(仏涅槃)に東に向かって「南無仏」と唱5歳の時文筆書法を学び幼少から聡明であった。推古天皇の即位に伴い、21歳で摂政の位につき …

日隆上人

日隆上人(1384~1464)を派祖とするものは、八品派、本門法華宗、法華宗本門流などと呼称される。1400年代初め四条門流から細川満元の外護を得て独立、本厳寺、本興寺を開いた。八品主義の折伏弘通を行う。

日蓮聖人

安房国東条郷(今の小湊)の生まれ、幼名を善日麿と称し、十二歳の時千光山清澄寺に登り、道善の室に入って密学を修め、のち、剃髪して、名を蓮長と改めた。以来経論を精究し、無量義経に質疑をいだいて、鎌倉に遊学し、比叡山の尊海に会 …

栄西禅師

明菴 栄西(みんなんえいさい・ようさい、諡は千光国師、葉上(ようじょう)房とも称した。永治元年4月20日(1141年5月27日) – 建保3年6月5日(1215年7月2日))は、仏教宗派・日本臨済宗の開祖、建 …

行基菩薩

天武天皇の白鳳13年15歳で出家し、大和の薬師寺に入り、法相の学を修める。持統天皇の朱雀7年24歳のとき、徳光法師に従い具足戒を受けたが、母没後は諸国を歴訪し大衆の化導につとめ、法相論だけでなく浄土往生、兜率上生等も説い …

慈恵大師(良源)

慈恵大師良源上人(912-985)は、第18世天台座主として活躍し、日本天台宗中興の祖といわれる。近江国(滋賀県浅井郡)に生まれ、神童の誉れ高く、12歳で比叡山の理仙上人に師事して得度された。平安時代後期は末法思想が流行 …

弘法大師

弘法大師は、讃岐の国多度津郡屏風ケ浦すなわち今の善通寺に誕生し、諱を空海と呼び、号を遍照金剛と称した。十八歳の時京に上って大学に入り、一般の学問を修めつくし、みずから三教指帰三巻を著わした。二十歳の時剃髪して沙弥戒を受け …

理源大師

832(天長9)~909(延喜9)真言宗小野流の元祖。当山派修験道祖、醍醐寺開祖。光仁天皇の孫。847年、貞観寺真雅の下で出家し、853年、東大寺で具足戒を受け、874年、醍醐寺を開山。如意輪、准胝観音を安置し密教修行の …