八髻文殊

密教では真言の数によって一字(一髻)、五字(五髻)、六字(六髻)、八字(八髻)の文殊があるが、字を使う場合と髻を使う場合が同尊であるか、異尊であるか、説は分かれている。表示・本誓は次のとおり、一字(一髻):三部不二・増益、五字(五髻):金剛部・敬愛、六字(六髻):蓮華部・調伏、八字(八髻):仏部・息災。