道元禅師

父久我内大臣源通親、母関白太政大臣藤原基房とし、3歳で父、8歳で母を喪い兄通具に養育される。 天資聡明で阿毘達磨倶舎論を読み求道の志強く、13歳で叡山に登り、栄西禅師の禅門に入り奥義をきわめる。 後、海を渡り入宋、天童山 […]

十六羅漢
20832

※受注生産となります。 ご注文を頂いた後、納期のご連絡を致します。 お伝えした納期で宜しかった場合、そのまま作成、納期がご希望に沿えなかった場合はキャンセルとさせていただきます。 十六羅漢 十六羅漢は阿羅訶(あらか)また […]

摩醯首羅天(大自在天)

摩醯首羅は略名にして、詳しくは莫醯湿伐羅、または摩醯湿伐羅といい、訳して大自在天という。 摩醯とは大、湿伐羅は自在の意味があり、古くは伊邪那天、摩醯首羅天と呼ばれていたものが中国の唐代ころより大自在天と呼ばれるようになる […]

大自在天(摩醯首羅天)

摩醯首羅は略名にして、詳しくは莫醯湿伐羅、または摩醯湿伐羅といい、訳して大自在天という。 摩醯とは大、湿伐羅は自在の意味があり、古くは伊邪那天、摩醯首羅天と呼ばれていたものが中国の唐代ころより大自在天と呼ばれるようになる […]

三宝荒神

如来、麁暴(そぼう)、忿怒を表示し、九万八千の夜叉眷属をもち、悪人を退治する。また、仏・法・僧の三宝を守護することから三宝荒神という。 この荒神は役行者が感得したと伝えられが、陰陽道で作ったらしく、平安末期から信仰される […]

日天(十二天) 立像
2091

※受注生産となります。 ご注文を頂いた後、納期のご連絡を致します。 お伝えした納期で宜しかった場合、そのまま作成、納期がご希望に沿えなかった場合はキャンセルとさせていただきます。 8体一組 仕様 仏像 サイズ 総高約90 […]

魚藍観音

三十三体観音の一つ。中国起源の観音で、魚の中の王とされる大きな鯛の上にのる姿、または1面2臂で手に魚藍(魚籠)持つ姿で表される。 羅刹、毒龍、悪鬼の害を除くとされ、日本では中世以降に厚く信仰された。

一百八臂金剛蔵王菩薩

金剛界曼荼羅では賢劫十六尊の一として普賢菩薩の後に住し金剛蔵菩薩と称し、 胎蔵界曼荼羅では虚空蔵院の右端に位し、金剛蔵王菩薩と称す。 金剛サッタの変化身として広大無辺なる金剛サッタの功徳を表示する菩薩。

白度母(白ターラー)

ターラーには白、緑、黄、赤、青の5種類があるが、これは密教五仏の影響を受けたもので、もともとは白ターラーと緑ターラーといわれる。白ターラーは阿弥陀如来の左眼から生まれ、顔に3つ、両手に2つ、両足に2つ、計7つの眼を持ち、 […]

宝蔵神

宝蔵神(ジャンバラ)は蓮花神とも呼ばれる。後期密教成立の遅い時期にこの財宝尊は作られ、形が似ていることから中国で布袋と混同される。 右手にレモンを持ち、左手にマングースをつかみ、その口から財宝を吐き出させている。マングー […]

マンジュヴァジュラ(文殊菩薩)

文殊菩薩(マンジュヴァジュラ)色々な形があるが、どの形にも見られる特徴は右手で剣を振りかざしている。この剣は煩悩の原因となる無益な議論や妄語(戯論)を智慧(般若波羅密)の利剣で絶つことを意味している。 空海が著わした「般 […]

聖天・歓喜天(ガナパティ)

ガナパティは「集団の主」という意味があり、インド神話では、シヴァ神とその妃パールヴァティーの息子とされているが、起源は非アーリア系の民俗神であったとも考えられている。 古くは、悪鬼たちのドンとして恐れられていたが、現在で […]

緑度母(緑ターラー)

緑度母は、観自在菩薩(聖観音)のことで、これを基本に十一面観音、千手観音、如意輪観音など様々に形を分化した。また聖観音は変化観音と区別するため正観音とも呼ばれる。 この尊は金剛法菩薩(ヴァジュラダルマ)と同じで、金剛界曼 […]

長寿仏

阿弥陀如来の語源として、アミターパ(無量寿如来)、アミターユス(無量光如来)があり、さらに、不死をもたらす甘露という意味から甘露王如来や長寿仏ともいわれる。  西方浄土の教主にして広く信仰を集め、浄土教の成立をもたらす。 […]

六字観音

観世音菩薩の真言を梵字で表わすと六文字になることから六字観音(シャッドアクシャリー観音)と呼ばれる。チベットでは六道輪廻の衆生を救済することから、この菩薩は、六字観音の真言(オーム・マニパドメ・フーム)と共にたいへん信仰 […]

麒麟

仏教の中で龍、麒麟、鳳凰、亀は四瑞の一つとしてめでたいものとされます。想像上の霊獣ですが、この麒麟に八大童子の一つ阿耨多童子は騎乗しています。

座敷わらし

東北地方では、古い家には童子(わらし)がいると考えられている。家の主人でもなかなか姿は見えないが、童子は子供のような姿をしている。家に住み着いているときには家は栄えるが、これが逃げ出すと家は衰えていく、と言われる。