荼吉尼天(稲荷大明神)

荼吉尼天は人間の心臓を食う夜叉として神通自在の通力を有し、六ヶ月前に人間の死を知るという。日本で民間信仰される荼吉尼や稲荷は管狐(くだきつね)を信仰することで教義にない。荼吉尼は鬼の総称で大黒天の眷属。荼吉尼と稲荷を同一と説く場合もある。稲荷大明神の本地は如意輪観音で、女形で稲束を担う。