五智如来

大日如来の総徳を分けて四仏に現し、合わせて五仏とし、諸菩薩・諸明王の根本とする。金胎両部曼荼羅の中央大日如来と四方の四仏のこと。金剛界曼荼羅では大日・阿シュク・宝生・阿弥陀(または観自在王)・不空成就(または釈迦牟尼)。胎蔵界曼荼羅では大日・宝幢・開敷華王・無量寿・天鼓雷音の称。五仏は順次に五智の徳を司るから五智如来という。