五大力吼明王(五大力菩薩)

五大力吼明王(五大力菩薩)は仁王経法の本尊にて、東方金剛手菩薩、南方金剛宝菩薩、西方金剛利菩薩、北方金剛夜叉菩薩、中央金剛波羅蜜菩薩の五尊で構成する忿怒身。仁王護国般若波羅蜜多経護国品には「汝らがために護国の法を説かん、一切国土もし乱れんと欲するときは、緒災難あり、賊来て破壊す、汝ら緒王まさにこの般若波羅蜜多を受持読誦すべし」とあります。つまり、国が乱れるとき、まず鬼諸天神の乱れがおき、そのため万人の乱れとり、賊が起き、農業や産業が破壊され、国の指導者に対立がおき、天地の災難が起きるといわれます。よって、その初めを修法しようというものです。