白龍千手

千手千眼、千臂千眼ともいう。六観音の一つで、観音菩薩の本地として無量無辺なる絶対の悲徳をあら わす故に千手千眼をもって標示する。聖観音がつぼみの蓮華という感覚に対して、千手観音は満開の蓮 華の意。延命、罪滅、徐病など広大無辺の功徳の力があり、中国西域、チベットには実際に千手の図が ある。造形は四十二臂が多い。