白山姫

白山姫は日本書紀の菊理媛神と同一視される。イザナギ・イザナミが黄泉国から戻るさいに口論となり、その間を取り持ったことから縁結びの神となる。一緒にする、「括り」が「ククリ」となり、菊理と表現された説と水神「潜り」から菊理になったという説がある。白山神社は五穀豊穣として祀られ、神仏習合のなかで白山大権現、白山妙理大権現とされ、本地仏は十一面観音菩薩。