伊豆山権現(男神・女神)

考昭天皇の時代、初木姫命は日向から東国に向かわれる途中、伊豆沖にて遭難し、今の熱海市初島に漂着します。ここから伊豆山に向かって焚き火で合図してみると伊豆山彦神が応えてくださり、筏で伊豆山に渡ることが出来ます。初木姫は伊豆山の中腹で「日精」「月精」の樹木の精に遭い、これを自分の子供として育て、やがて2人を結婚させ子孫繁栄となりますが、この「日精」「月精」が伊豆山権現の祖先といわれます。また、源頼朝が伊豆に流されている頃、この伊豆山権現に源氏再興を誓った所であり、、同時に北条政子との恋の舞台でもあったことから恋愛成就の神とされる。