十六羅漢

十六羅漢は阿羅訶(あらか)または阿羅漢(あらかん)の異名。煩悩の賊を殺し、天人最高の供養を受け、仏心の種子を生じ、再び生死の苦しみを受けないの意。阿弥陀経に説かれるものと、法住記に説かれる十六羅漢がある。