迦楼羅面

千手観音二十八部衆の一神で起源は古代インドの神話霊鳥ガルーダに遡る。姿は鷹の頭と翼を持つ半鳥人。日本の烏天狗もガルーダが起源といわれる。 また、一般の不動明王は背中に火炎を燃やしている。 その火炎はカルラ炎と呼ばれ、炎の中にカルラと呼ばれる鳥を飛ばす。