金剛薩埵(タ)

普賢菩薩の異名とも説かれる。悟りの本体である大日如来に対して、迷いの中にある一切衆生を、この金剛薩捶の加持力(引金役)により菩提心を発しさせ。その堅固さは金剛石(ダイヤモンド)に例えられる。右手に五鈷杵を胸前に持ち、五仏の三昧を表わし、左手に五鈷鈴を腰あたりに持ち、一切衆生を覚醒させる。