妙見菩薩

北辰尊星妙見大菩薩と称す。北極星を神格化した天部の尊で、国土を守護し、苦悩を除く功徳がある。妙見の本地には観音、薬師の二説がある。また、吉祥天と同体とする説もある。造形として菩薩形と雲に乗る天女形がある。