六地蔵

六道輪廻を繰り返す衆生を救うため、六つの姿に変化して身を現す。地蔵菩薩、宝処地蔵、持地地蔵、宝印地蔵、堅固意地蔵、宝手地蔵とするなど他にも諸説がある。