歳徳神

ゴータマ・シッダルタ(釈迦)の生母である。コーリヤ族の出身とされ、釈迦族の王(浄飯王)に嫁して、シッダルタを生み、シッダルタの生後7日後に没した。また没して後は?利天に転生したという。 シッダルタはその後、摩耶夫人の妹である摩訶波闍波提が養育した。摩耶夫人は六本の牙を持つ白い象が胎内に入る夢を見てシッダルタを懐妊し、出産のため、実家に行く途中、ルンビニ園の無憂樹の下で右脇から誕生した。