猿が世尊に篤い信心を披瀝し、甘蜜を供養した彫刻がある。また、庚申信仰では青面金剛をまつり、身代わり猿を吊るす風習がある。日光東照宮で見ザル,言わザル,聞かザルの彫刻が有名。