神農神

中国・漢代、神農によって、植物を中心に動物、鉱物を加えた約360種類の薬を表した「神農本草経」が記された。これ以来、神農は中国「三皇(伏犠・ 女禍・神農)」のひとりで、農業と医学の創始者と伝えられています。この薬の中には、健康増進薬、病気時の服用薬、その他の種類に分けられ、優れた ものになっていました。