釈迦金輪(一字金輪)

一字金輪仏頂ともいう。一字とはボロンの一字をもって真言とし、仏・菩薩の功徳がこの一尊に帰す るため一字という。また、金輪は金銀銅鉄の四種輪王中、金輪が最勝であるため金輪仏頂尊とする。 この金輪には釈迦金輪と大日金輪の別がある。  この尊の真言は修法の時、障碍を絶って、功徳を 成就させるため最後に誦される。