多聞天

多聞天は毘沙門天と同じ。金毘羅を別名とする。十二天の一つ。常に如来の道場を護り、法を聞くため多聞といわれる。手に持つ宝塔により、無量の珍宝を出し、衆生に与えて福徳を授ける。古来、この天を吉祥天と相関して、夫婦のように説く。あるいは、大黒天を加えて三尊合行と説き、三面大黒天として祭る。夜叉羅刹を眷族とする。