豊玉姫

山幸彦と結婚し子供を生むために鵜の羽を葺いて産屋を造っていたが、出産に間に合わずに、産屋が完全でない状態で出産に入った。出産の状況は見ないように頼まれていたが、不思議に思った山幸彦は完全でない産屋の隙間から覗いてします。すると、その中には豊玉姫は巨大な鰐となり這いくねっていた。辱めを受けた豊玉姫は、産んだ子(鵜茅不合葺命:ウガフキアエズノミコト)を置いて海の戻ってします。後、豊玉姫は妹の玉依姫を養母として使わす。更に鵜茅不合葺命は玉依姫と結婚し4人の子供をもうけ、そのうちの一人が神武天皇になる