座敷わらし

東北地方では、古い家には童子(わらし)がいると考えられている。家の主人でもなかなか姿は見えないが、童子は子供のような姿をしている。家に住み着いているときには家は栄えるが、これが逃げ出すと家は衰えていく、と言われる。