四天王 立像

1304
1304 1304

四天王 立像 桧木 持国天 広目天 増長天 多聞天 毘沙門天

(1304)
5.0寸
在庫状態 : 在庫有り
¥84,000(税込)
数量

四天王

四天王は帝釈天の部将にして、正法諸仏の守護神。
東方に持国天、西方に広目天、南方に増長天、北方に多聞天を配置する。

持国天は乾闥婆及び羅刹を眷属とする、般若守護十六善神の一つ。
東方だけでなく三方を守護するため持国天という。造形は種々あるが、神王形で手に刀などを持つ。

広目天は龍及び富単那を眷属とする、般若守護十六善神の一つ。
造形は左手に鉾(ホコ)を持ち、右手は赤索を執る。

増長天は鬼類を眷属とする、般若守護十六善神の一つ。
自他の威徳を増上せしむるため増長天という。造形は右手に三戟を持ち左手は腰に置く。

多聞天は毘沙門天と同じ、金毘羅を別名とする十二天の一つ。
常に如来の道場を護り、法を聞くため多聞といわれる。手に持つ宝塔により、無量の珍宝を出し、衆生に与えて福徳を授ける。
古来、この天を吉祥天と相関して、夫婦のように説く。あるいは、大黒天を加えて三尊合行と説き、三面大黒天として祭る。
夜叉羅刹を眷族とする。

仕様
一体
サイズ 総高30cm
台幅9cm
台奥行き7.5cm
材質 桧木