神像 須佐之男命 スサノオ

14918
14918 14918

神像 須佐之男命 スサノオ 総高25cm 桧木彩色

(14918)
在庫状態 : 在庫有り
¥42,600(税込)
只今お取扱い出来ません

須佐之男命(スサノオ)

スサノオ(スサノヲ、スサノオノミコト)は、日本神話に登場する神である。日本書紀では伊弉諾尊と伊弉冉尊 (伊邪那美命・いざなみ)の間に産まれた三貴子の末子に当たる。

「スサ」は、荒れすさぶの意として嵐の神、暴風雨の神とする説や(高天原でのスサノヲの行いは暴風雨の被害を示すとする)、「進む」と同根で勢いのままに事を行うの意とする説がある。
後に、仏教における祇園精舎の守護神である牛頭天王と習合した。これは、どちらも災疫をもたらす神だからである。その為牛頭天王を本地とし、その垂迹とされることもあった。

仕様
神像
サイズ 総高25cm
幅16cm
奥行き14cm
材質 桧木