吉祥大黒天

大黒天はもともとシバ神の眷属、または別名といわれる。日本に入ってからは一説では、 大黒と大国が同じ発音であることから、大国主命(おおくにぬしのみこと)として福徳施与の神となる。甲子の日を縁日とし、俵の上に乗り、頭巾、小槌 […]

奪衣婆

奪衣婆(奪衣婆または河婆)は冥土の入口にあるという三途の川にいて、川岸の樹下で死者の衣類を剥がしては樹上の翁(懸翁)に渡す役を している鬼婆。

打出の小槌

それを振ればなんでも思いどおりの物が出てくるという小さな槌。大黒天が右手に持っているもの。

難陀龍王

八大龍王の一人、釈迦誕生のおり、天界から暖かい雨を降らせ天界の喜びを表した。

牛頭天王

牛頭天王はもともとインドの祇園精舎の守護神としてまつられていた。薬師如来の垂迹神とされ、日本では京都八坂神社の祭神。このため祇園天神ともよばれる。像形は一定ではないが、頭上に牛頭を付け、三面忿怒形甲冑姿が一般的。

三面大黒天(忿怒形)

大自在天の化身にして、伊舎那天の化身。この天は顕教の説では愛楽の相を表し、福徳施与の神とする。密教の説では悪魔を降伏する忿怒身をし、戦闘の神とする。忿怒形は三面六臂にして、皮膚ことごとく黒色。青蛇をもって臂釧となし、髑髏 […]

吉祥天

功徳天ともいう。父は徳叉迦という龍王で、母は鬼子母神。毘沙門天を兄とする説と妃とする説がある。天女形で宝冠をいただく形は種々。福徳円満の神として古くから信仰される。

升入り大黒天

大黒天はもともとシバ神の眷属、または別名といわれる。日本に入ってからは一説では、大黒と大国が同じ発音であることから、大国主命(おおくにぬしのみこと)として福徳施与の神となる。甲子の日を縁日とし、俵の上に乗り、頭巾、小槌、 […]

善貮師童子

毘沙門天と吉祥天の間にできた童子で、和合の象徴となる

福禄寿

七福神は、印度、中国、日本に伝わる神仙の中より、人間に福を与える七神として一堂に集められた 神々で、つねには恵比須、大黒、毘沙門、弁才天、福禄寿、寿老人、布袋の七仙を挙げ、また寿老人 を除き吉祥天を加え、あるいは猩々を加 […]