狛犬

日本へ仏教が伝来し、いろいろば仏像が伝わると共に、本堂をお守りする形で狛犬をまつられるようになる。狛犬の原型は百獣 の王、ライオンともいわれる。形として阿形と吽形を一対とする。

猿が世尊に篤い信心を披瀝し、甘蜜を供養した彫刻がある。また、庚申信仰では青面金剛をまつり、身代わり猿を吊るす風習がある。日光東照宮で見ザル,言わザル,聞かザルの彫刻が有名。

如来の説法に龍王の徳をたたえて、「一切の草木が枯渇せんとするとき、龍王が大海より出て甘雨を降らせ、ことごとく甦らすことができる」と説かれています。 龍は想像上の霊獣ですが、神の化身として扱われいます。

「亀」は偶然に仏教に遭えた喜びの象徴として示される。大般涅槃経純陀品「仏に遭うこと、なお難きことは、大海中の盲亀、浮木の穴に遭うが如くなり」。これは、純陀尊師がお釈迦様の最後の供養を捧げることができたことを讃えた文の一節 […]

力士像

狛犬同様、本堂や本尊を守るため山門の冠木などにまつられる。

阿弥陀五尊図

阿弥陀三尊の場合は阿弥陀如来を中心に観音菩薩・勢至菩薩の脇侍を配し、五尊では更に法然上人、善導大師を配す。

三開仏龕

十三仏は胎蔵界曼荼羅の十三大院を形どり作られたもの。十三仏は五智仏(大日、釈迦、阿シュク、宝生、阿弥陀)、四菩薩(普賢、文殊、観音、弥勒)及び天住の虚空蔵、並びに地住の地蔵、薬師、不動明王を配置する。

阿弥陀聖衆来迎図

臨終の信者を極楽浄土へ迎えるため、阿弥陀如来と聖衆が楽器をならしながら天空から降りてくるさま。阿弥陀如来は観音・勢至菩薩の先導のもと、二十五菩薩を従えている。阿弥陀如来聖衆来迎図は来迎引接曼荼羅または阿弥陀二十五菩薩来迎 […]

三宝尊像

正式には「一塔両尊」と呼ばれる日蓮宗の本尊形式である大曼荼羅の中心部分を具象化したもの。中央に宝塔、左側に釈迦如来座像、右側に多宝如来座像を配置している。宝塔は「法華経見宝塔品」によるもので、宝塔が地より湧出して虚空にか […]

釈迦三尊

釈迦三尊は釈迦如来を中心に両脇に文殊菩薩、普賢菩薩を脇侍とする。

五智如来

大日如来の総徳を分けて四仏に現し、合わせて五仏とし、諸菩薩・諸明王の根本とする。金胎両部曼荼羅の中央大日如来と四方の四仏のこと。金剛界曼荼羅では大日・阿シュク・宝生・阿弥陀(または観自在王)・不空成就(または釈迦牟尼)。 […]

十六善神

般若守護十六善神ともいう。大般若経を転読するときにまつられる。十六善神の名義および形像は陀羅尼集経にある。

五大菩薩

五菩薩、五方菩薩ともいう。この五大菩薩の教説はないが、空海の密教的解釈からできたといわれる。密教では仏そのものを「自性輪身」といい、この仏が菩薩となって易しく法を説くことを「正法輪身」、仏に背く者を懲らしめ、烈しい怒りを […]

十二天

十二天は12人の天部。八方位(東:帝釈天、南:焔摩天、西:水天、北:毘沙門天、東南:火天、西南:羅刹天、西北:風天、東北:伊舎那天)二方位(上方:梵天、下方:地天)と日天、月天などで、宇宙を支配する尊をもって構成し、一切 […]

十三仏

十三仏は胎蔵界曼荼羅の十三大院を形どりしたものであるが、後、亡くなった者の七七法事、年忌法事にあてらるようになる。初七日:不動明王、二七日:釈迦如来、三七日:文殊菩薩、四七日:普賢菩薩、五七日:地蔵菩薩、六七日:弥勒菩薩 […]

五大力菩薩(五大力吼明王)

五大力吼明王(五大力菩薩)は仁王経法の本尊にて、東方金剛手菩薩、南方金剛宝菩薩、西方金剛利菩薩、北方金剛夜叉菩薩、中央金剛波羅蜜菩薩の五尊で構成する忿怒身。仁王護国般若波羅蜜多経護国品には「汝らがために護国の法を説かん、 […]

十六羅漢

十六羅漢は阿羅訶(あらか)または阿羅漢(あらかん)の異名。煩悩の賊を殺し、天人最高の供養を受け、仏心の種子を生じ、再び生死の苦しみを受けないの意。阿弥陀経に説かれるものと、法住記に説かれる十六羅漢がある。