「亀」は偶然に仏教に遭えた喜びの象徴として示される。大般涅槃経純陀品「仏に遭うこと、なお難きことは、大海中の盲亀、浮木の穴に遭うが如くなり」。これは、純陀尊師がお釈迦様の最後の供養を捧げることができたことを讃えた文の一節 […]

力士像

狛犬同様、本堂や本尊を守るため山門の冠木などにまつられる。

釈迦が出家のため王宮を去るとき白馬に跨って出て行きます。人々にとって、昔は農耕や交通で重要な役割を果たしていたため、寺社への奉納は馬で行われていました。

髑髏

頂骨ともいう。倶肥羅女の三形は開敷蓮華に髑髏を置く。

座敷わらし

東北地方では、古い家には童子(わらし)がいると考えられている。家の主人でもなかなか姿は見えないが、童子は子供のような姿をしている。家に住み着いているときには家は栄えるが、これが逃げ出すと家は衰えていく、と言われる。

八宝仏

人間一代の守り本尊を定めて帰依することは、古来世俗の間に行われ、その本尊を選定することは、月日によって三十日秘仏を用い あるいは結縁灌頂またはとくに霊感をうけた仏像を定める方法がある。つねには千手観音、虚空蔵菩薩、文殊菩 […]

六観音

六観音とは、聖観音・千手観音・十一面観音・如意輪観音・馬頭観音・准胝観音。天台では准胝の代りに不空羂索を入れる。天台の六観音は「摩訶止観」に準処したものです。「大悲観世音(千手観音)、地獄道の三障を破す、この道苦もっとも […]

布袋

中国・明州(現在の浙江省寧波市奉化県)の人。契比と自称し、小柄で額にしわがあり、腹が出っぱって、杖と大きな布袋を持っていたことから布袋和尚と呼ばれた。貞明2年(916年)頃の示寂といわれるが、生前、人の吉凶、天候の晴雨を […]

反弾琵琶天女

天女はシルクロードの石窟にたくさん描かれています。琵琶を反対に持って背負って弾いている姿の天女を現しています。

薬師三尊

薬師三尊は薬師如来を中心に両脇に日光菩薩、月光菩薩を脇侍とする。

阿弥陀如来三尊

阿弥陀如来三尊とは三尊様式で左右の脇侍は一般に左側に観音菩薩、右側に勢至菩薩を配置する。来迎の弥陀三尊では観音菩薩が往生人が座る蓮台を捧げ、勢至菩薩が合掌で表現している。わが国最古の弥陀三尊は舟形一光背に三尊仏を配置した […]

梟は、技術の神、音楽の神といわれる。 日本では学問の神、森の番人等として伝えられ、今日では自然保護や招福の象徴としてしたまれている。夜行性で首が180度回ることから、家の防犯の神様として使ったりする。

夜叉面

もともとインドの善神(豊穣をもたらす女神)であったが、異民族の信仰と共に魔神と扱われる。その後、仏教に摂受され天界八部衆などの善神となる。

阿弥陀五尊図

阿弥陀三尊の場合は阿弥陀如来を中心に観音菩薩・勢至菩薩の脇侍を配し、五尊では更に法然上人、善導大師を配す。

三開仏龕

十三仏は胎蔵界曼荼羅の十三大院を形どり作られたもの。十三仏は五智仏(大日、釈迦、阿シュク、宝生、阿弥陀)、四菩薩(普賢、文殊、観音、弥勒)及び天住の虚空蔵、並びに地住の地蔵、薬師、不動明王を配置する。

阿弥陀聖衆来迎図

臨終の信者を極楽浄土へ迎えるため、阿弥陀如来と聖衆が楽器をならしながら天空から降りてくるさま。阿弥陀如来は観音・勢至菩薩の先導のもと、二十五菩薩を従えている。阿弥陀如来聖衆来迎図は来迎引接曼荼羅または阿弥陀二十五菩薩来迎 […]

三宝尊像

正式には「一塔両尊」と呼ばれる日蓮宗の本尊形式である大曼荼羅の中心部分を具象化したもの。中央に宝塔、左側に釈迦如来座像、右側に多宝如来座像を配置している。宝塔は「法華経見宝塔品」によるもので、宝塔が地より湧出して虚空にか […]

釈迦三尊

釈迦三尊は釈迦如来を中心に両脇に文殊菩薩、普賢菩薩を脇侍とする。