摩虎羅大将

摩虎羅大将は薬師十二神将の一人。薬師如来の眷属。薬師如来の十二大願に応じて示現する神。十二神将には、それぞれ七千の眷属がいて、合計すると八万四千の護法神となる。一切衆生の八万四千の煩悩を転じて菩提を得しめ、薬師の本誓を示 […]

深沙大将

玄奘三蔵と伴に並ぶ護法身。この神は、もともと蒙古の神で、玄奘三蔵が感得したと伝えられる。常暁阿闍梨請来目録では北方多聞天の化身で、災いを救い、益をなすといわれ、寺院裏、人家に祀られ、霊験をあらわすと説かれる。また、不空三 […]

少彦名命(すくなひこなのみこと)

紀淡海峡の友ヶ島付近に神島(淡島)があり、ここに昔、日本の国造りをされた少彦名命と大己貴命(おおむなじのみこと)が祀られていました。この小島に二柱神が鎮座して後、神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓から帰国の時、この海上で […]

杉山僧正

江戸時代の文政年間、天狗界に出入りできる寅吉という怪童が現れる。寅吉は幼いころから火事を予言したり、透視能力を発揮しては大人を驚かせたりという超能力少年だったが、七歳の時、東叡山(現在の上野公園)の麓の五条天神の境内で謎 […]

真陀羅大将

真陀羅大将は薬師十二神将の一人。薬師如来の眷属。薬師如来の十二大願に応じて示現する神。十二神将には、それぞれ七千の眷属がいて、合計すると八万四千の護法神となる。一切衆生の八万四千の煩悩を転じて菩提を得しめ、薬師の本誓を示 […]

火天

火天は梵名を阿耆尼(agni)といい、火と訳し、火仙、火神、火光尊ともいう。もともと外道の神であったものが、密教に取り入れられたもの。密教では六火天、十二火天を説き7人の眷族を有す。この天の功徳は「火天喜ぶときに人身熱気 […]

大国主神

大国主神は大物主神の別霊で、国を作ったという尊称、若いころの名前(本名)は大己貴神という。

天神(菅原道真)

845年8月1日~903年3月26日、平安時代の学者、漢詩人、政治家で宇多天皇に重用され醍醐天皇の時代に右大臣まで昇ったが、左大臣藤原時平の讒訴により九州大宰府に左遷され、そこで没した。死後、天変地異が多発したことから、 […]

招杜羅大将

招杜羅大将は薬師十二神将の一人。薬師如来の眷属。薬師如来の十二大願に応じて示現する神。十二神将には、それぞれ七千の眷属がいて、合計すると八万四千の護法神となる。一切衆生の八万四千の煩悩を転じて菩提を得しめ、薬師の本誓を示 […]

水天

水天は諸龍王の主にして、水に自由自在の力を有する。水天が喜ぶところ、人は潤い、自然の水利は順調となるが、怒る場合は人は乾き、旱魃に襲われるといわれる。 よって、古来より請雨の神とされた。形は亀に乗り、頭上に五龍、右手に剣 […]

大己貴命

大国主神は大物主神の別霊で、国を作ったという尊称、若いころの名前(本名)は大己貴神という。

鍾馗

中国唐代皇帝玄宗がマラリアにかかり、高熱のなかで寝ていると、宮廷内で小鬼が悪戯をしてまわるが、どこからともなく大鬼が現れて、小鬼を難なく捕らえて食べてしまう夢を見ます。玄宗が大鬼に正体を尋ねると、「自分は終南県出身の鍾馗 […]

豊臣秀頼

豊臣秀吉の次男。母は側室の茶々(淀殿)。文禄2年(1593年)、秀吉57歳のときの子で、大坂城で誕生した。 誕生した時にはすでに、従兄の秀次が秀吉の養嗣子として関白を譲られ、秀吉の後継者となっていた。秀吉は、当初は秀次と […]

毘羯羅大将

毘羯羅大将は薬師十二神将の一人。薬師如来の眷属。薬師如来の十二大願に応じて示現する神。十二神将には、それぞれ七千の眷属がいて、合計すると八万四千の護法神となる。一切衆生の八万四千の煩悩を転じて菩提を得しめ、薬師の本誓を示 […]

堅牢地神(地天)

地天または堅牢地神と称し、梵天が上方を守護するのに対し、地天が下方大地を守護する。十二天の1つにして財を蓄え、病を治し、怨敵を降伏する時、招請する女神であるが、後に変じて男神となる。また、地天は福徳豊穣の本尊として扱うこ […]

大物主命

別名、三輪明神。大国主は少彦名神とともに国造りをしていたが、少彦名が常世の国に去り、一人悩んでいたとき、自らの魂から大物主が現れ、一体となって国造りに励む。大物主と勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)の間にヒメタタライスズヒ […]